理系旦那と文系妻のお家働き方改革

職場と同じく家庭にも働き方改革が必要です!

自宅で使う!テプラの活用!

f:id:ooura-konan0510:20190206184240j:image

領土問題はデリケート

 

こんばんは理系旦那です。

 

このブログは理系旦那と文系妻による 家で出来る働き方改革を掲載しています。 

その1はこちら

www.ouchihatarakikatakaikaku.com

 

今日のテーマは定置管理です。

 

定置管理の重要性

会社で新人の時に先輩からうるさく言われるアレです。

 

人それぞれなんだから別に整理しなくて良いじゃん!と新人の時は思うもんです。

 

成長して立場がついてくると自然とわかるもんです。

定置管理めっちゃ大事」

 

複数人が限られた資源を使って仕事をする限りあるべき場所にあるべきものがないと困っちょうんですよね…

 

下記記事は会社内での定置管理の重要性をわかりやすくまとめてくれています。

gembaryoku.com

よく夫婦でどちらかが言うセリフに「あの人はどこに何があるか全く把握していない!」

 

違いますよね。 管理者が明示していないと把握できないのは当然ですよね。

 

仕事で置き場所を教えてないのに

「なぜ置いてる場所がわからないの?」なんて言ったらマネジメント能力がない上司と判断されるでしょう。

 

夫婦お互いに家事分担をやりやすくするため妻は定置管理を徹底しました。

 

テプラの活用

テープライター 通称テプラをご存知でしょうか?

恐らくほとんどの方が知っていると思います。家庭用も販売されています。

スマホを使える方なら誰でも使えるくらい操作が簡単。

しかもほぼノーメンテナンス。テープの買い足しだけでずっと使えます。

 

余談ですが私の職場のテプラは、相当酷使されていますが10年以上故障知らずです。

 

f:id:ooura-konan0510:20190120204642j:image

活躍したのは文系妻が子供の頃使ってたCASIO製の子供用テプラ!

10年以上押入れに眠っていましたが

ちゃんと動きました。!

 

テプラがない場合は付箋でも良いです。

f:id:ooura-konan0510:20190120211332j:image

服の場所。取り出す時、畳んでしまう時にすぐわかります。

洗濯できない旦那さんもしまうくらいは出来るはず。

旦那さんに「あれどこだっけ?」の台詞はもう言わせないようにしましょう。

 

f:id:ooura-konan0510:20190120204419j:image

付箋で定置管理した例です。料理器具の場所をわかるようにしました。

これは料理する時だけじゃなく洗い物をしまう時にも有効です。

料理できない旦那さんも食器をしまうくらいは出来るはず。

旦那さんに「しまう場所が違ってると怒るからやりたくない」の台詞はもう言わせないようにしましょう。

 

まとめ

  • 定置管理することで家事分担もしやすくなる。
  • テプラがあると便利。なくても付箋でOK
  • しまう時だけじゃなく 使うときにも有効であることを念頭に置く。

しかし テプラを貼っていると

管理している感 がでるので

妻の使ってない服やカバンを捨てづらくなりました。

妻にとっては好都合です。

f:id:ooura-konan0510:20190125223234j:image