理系旦那と文系妻のお家働き方改革

職場と同じく家庭にも働き方改革が必要です!

素人でも出来る!家電のメンテナンス

常に綺麗な家電に包まれて生活したい。

 

こんばんわ理系旦那です。

 

このブログは理系旦那と文系妻による 家で出来る働き方改革を掲載しています。 

その1はこちら

www.ouchihatarakikatakaikaku.com

 

今回のテーマは家電のメンテナンスです。

電気屋さんでアルバイトしてたことがあるので、その経験を生かして書きます。

一日でも長く家電を使って出費を抑えましょう!

今回はテレビ、エアコン、空気清浄機の3つを紹介します!

 

メーカーの保証期間

家電にも人間と同じく寿命がございます。

メーカーは保証している期間は(間違った使い方をしない限り)絶対に壊れないように最大限努力してます。時間の許す限り、あらゆる試験を実施しています。

 

一方で保証期間を過ぎると壊れる可能性は少なからず存在します。

 

しかし壊れない期間はメンテナンス次第で伸ばすことができます。

 

家電の平均寿命

家電それぞれに平均寿命がございます。

「えっそんなに短いの!?」から「意外ともつのね」まで色々です。

では見ていきましょう。

 

※平均寿命はすべて±3はあると考えてみて下さいね

 

1.テレビ

言わずと知れた家電オブ家電

平均寿命は8年

主に劣化するのはバックライト。

なので使用時間に大きく依存します。

 

2.エアコン

エアコンつけたら夏の始まりの気がします。

平均寿命は10年

エアコン、洗濯機の設置は町の電気屋さんにしてもらいましょう。私の電気屋さんアルバイト時代 、量販店の煩雑な設置によってトラブルが多発してました。最終的に電気屋さんに泣きつきの電話がかかってきます…

 

3.空気清浄機

花粉の時期には大活躍

平均寿命は10年

フィルター以外はかなり丈夫なつくり。

 

メンテナンス方法

壊れてからでは遅いので、壊れないように予防しましょう。

 

電化製品を長持ちさせるために共通して大事なことは「放熱」と「埃取り」です。

それでは製品別にメンテナンス方法を見ていきます。

 

1.テレビ

囲わない 

テレビは種類にもよる程度の差はあれど使用中は発熱します。この熱は部品を消耗させます。

周りをヌイグルミで覆ったり、お洒落な布を被せたり

やってしまいがちですが、テレビの寿命にとっては良くないので、程々に。

 

ほこり(埃)をためない

テレビは放熱の為に背面に数箇所、穴が空いてます。そこからほこりが入ります。

ほこり取りを使って荒く取った後に掃除機で吸います。

f:id:ooura-konan0510:20190502173502j:image

テレビ台の枠ギリギリのサイズを買うより、放熱のために少し空気の通り道があるのが良い。掃除もしやすいです。

f:id:ooura-konan0510:20190502173556j:image

ほこりが溜まりやすいのは背面の通風口

(写真の上半分 穴が空いてて中が見えるところ)掃除機でビャーと吸いましょう。

f:id:ooura-konan0510:20190502173616j:image

仕上げに静電モップで画面を掃除。

これで静電気をモップに纏わせます。

f:id:ooura-konan0510:20190502173627j:image

裏面にもモップを入れて細かいほこりを取って終了。

 

2.エアコン

エアコン室内の空気を取り込み、冷やすもしくは温めて吐き出します。

その際、室内のほこりを吸込みます。

ほこりは機械側に行かないようにフィルターがついています。

特に汚れるのがココ。ほこりが溜まると無駄に電気代もかかるので掃除しましょう。

f:id:ooura-konan0510:20190504124419j:image

前面のカバーを持ち上げるとフィルターが顔を出します。f:id:ooura-konan0510:20190504124428j:image

まずは荒く、掃除機の細長いノズルで大きいほこりを吸い込みます。

f:id:ooura-konan0510:20190504124455j:image

細かいもの、へりに付いたほこりは取りずらいので、フィルターを外して取ります。

この時、表側からのみ掃除機を当ててください。逆からほこりを取ろうとするとフィルターの目を痛めてしまいます。

f:id:ooura-konan0510:20190504124514j:image綺麗になりました。

f:id:ooura-konan0510:20190504124529j:image

 

3.空気清浄機

室内のほこりを吸うのが仕事ですので、これ自体すぐに汚れます。

f:id:ooura-konan0510:20190504124548j:image

カバーをガバッと取り外します。ほこりがびっしり!!

f:id:ooura-konan0510:20190504124558j:image

これも掃除機の細いノズルで吸い込みます。

左側が掃除前 右側が掃除後です。f:id:ooura-konan0510:20190504124630j:image

見えにくいですが、カバーにもほこりは付いています。これも同じように吸い込んであげましょう。f:id:ooura-konan0510:20190504124636j:image

最後に空気の通り道になる箇所を掃除してあげます。必ず汚れているはずです。

f:id:ooura-konan0510:20190504124649j:image

 

今回はテレビ、エアコン、空気清浄機の3つを紹介しました。

また別の家電のメンテナンス方法も紹介したいと思います。 

 

ではでは