理系旦那と文系妻のお家働き方改革

職場と同じく家庭にも働き方改革が必要です!

ドライヤーと速乾タオルで時短となるか?!

f:id:ooura-konan0510:20190205085333j:image

髪乾かす時間バカにできない。

 

こんばんは理系旦那です。

 

このブログは理系旦那と文系妻による 家で出来る働き方改革を掲載しています。 

その1はこちら

www.ouchihatarakikatakaikaku.com

 

 

今日のテーマは「ドライヤー時間」です。

 

マイクロファイバータオルを使用

女性の髪は命

その髪を洗って乾かす時間も

男性と比べると時間がかかってしまうもの

少しでも時短して休んで欲しい

 

下の記事にもあるように工夫をすれば早く乾かすことも可能とのこと

beauty-note.jp

しかし・・

髪の長いうちの妻にはあまり効果なし。

ということで

マイクロファイバータオルというものを購入してみました。

 

買ったのはシービージャパンの速乾ヘアドライタオル

 

これなら短時間で髪の水分をしっかり吸収してくれて ドライヤー時間も短くなるはず

いつもドライヤーに数十分かかっています。

仮にドライヤーの時間が半分になれば

月に150円ほど電気代も安くなるはず。

 

時短も出来て節約にもなる「これだ!」

と思って購入しました。

 

 使用した文系妻は

「ほとんど変わらない」とのコメント

 

なんと…そもそも過剰な期待だったのか

購入した製品の質に問題があったのか…

 

妻の髪は鎖骨あたりまであり比較的長く

ある一定の長さ以下には効果的に働くのかもしれません。

 

髪の毛の長さごとに時間を計測

 

これはきちんと調べる必要がある。

文系妻が美容院に行って髪を短くしたので、比較してみることにしました。

 

ストップウォッチ片手に妻のドライヤー時間を検証!

髪の毛の長さ タオルの種類 ドライヤー時間
鎖骨くらいまで 普通のタオル 20分
鎖骨くらいまで 速乾タオル 19分
肩まで 普通のタオル 15分
肩まで 速乾タオル 15分

 

速乾タオル全然効果ない・・

今回購入した製品があまり良い質ではなかっただけかもしれませんが

二人揃ってガッカリしてしまいました。

 

そして気づきました。

ショートカットのお母さんが多い理由は

きっと髪を乾かす時間が惜しいほと忙しいのだな   と

 

時短する解決策が髪を切ることなんて

真の解決策になってない!

 

文系妻のためにも ブログを読んでくださる世の中のママさん達のためにも

 

何がいい方法を開発して掲載します!

 

今回は失敗談でした。。では