理系旦那と文系妻のお家働き方改革

職場と同じく家庭にも働き方改革が必要です!

アレクサ × 学習リモコン( IRkit ) × IFTTT

声で家電を操作する

 

未来じゃなくて今のはなし

 

理系旦那です。

 

このブログは理系旦那と文系妻による 家で出来る働き方改革を掲載しています。

その1はこちら

www.ouchihatarakikatakaikaku.com

 

 

過去記事でアマゾンのアレクサを使用した

お家オートメーションについて書いてきました。

今回はいよいよ 音声による家電操作です。

スマート家電ではない赤外線リモコンによって動作する家電の操作を目指します。

 

これには下記の3つのアイテムを使います。

  1. アレクサ(音声操作機器)
  2. IRkit(学習リモコン
  3. IFTTT(2つのサービスをつなぐアプリ)

 

アレクサ、IRkit、IFTTTのセットアップは終了している前提で記載していきます。

それぞれのセットアップするのにわかりやすかった記事のリンクを掲載しておきます。

 

アレクサのセットアップ

Amazon Echo Dot を購入!初期設定・セットアップ手順を紹介 – cmblog

IRkitのセットアップ

IRKit届いた!開封から設定、動作確認まで - ナオノサクイン

IFTTTのセットアップ

【IFTTT(イフト)の使い方】新規登録とインストール | パソコン修理のエヌシステムBLOG

 

 

 

手順を説明していきます。

 

macではターミナルwindouwsではコマンドプロントを開いてください。

そして下記コマンドを入力していきます。

 

①IRkitのIPアドレスの取得

dns-sd -G v4 irkitxxxx.local

を入力する。

※xxxxは固有値 IRkitのシリアルナンバーです。

 

これでIPアドレスがわかるのでコピー

 

②音声操作したいリモコンボタンの赤外線情報を取得

コピーしたIPアドレスを下記のxxx.xxx.xxx.xxxに入れて

curl -i "http://xxx.xxx.xxx.xxx/messages" -H "X-Requested-With: curl"

を入力する。

 

例:curl -i "http://192.168.3.7/messages" -H "X-Requested-With: curl"

 

{“format”:~で始まる赤外線信号~]}が表示されるのでコピーしておく

 

 

③clienttokenの取得

curl -i "http://xxx.xxx.xxx.xxx/keys" -d '' -H "X-Requested-With: curl"

を入力する。

例:

curl -i "http://192.168.3.7/keys" -d '' -H "X-Requested-With: curl"

※xxx.xxx.xxx.xxxはIPアドレス

 

 

④deviceid、clientkey を取得

curl -i -d "clienttoken=XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX" "https://api.getirkit.com/1/keys"

を入力する。

※XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXは③で取得したclienttoken

これもコピーしておく

 

 

⑤IFTTTにアレクサのトリガーを登録

こちらは下記記事を参考にさせていただきました。

Amazon Echo(Alexa)とIRKitをIFTTTで連携してホームオートメーション - Usual Software Engineer

 

https://ifttt.com/amazon_alexa にてアレクサとIFTTTの連携の設定をしてくだい。

IFTTTにログインして「NEW applet」を選びます。

f:id:ooura-konan0510:20190113154204p:image

まずは "if this" の部分です。

アレクサを選択し

"Say a specific phrase" をさらに選択

f:id:ooura-konan0510:20190113154230p:image

例としてテレビをキーワードにして作成します。

f:id:ooura-konan0510:20190113154256p:image

f:id:ooura-konan0510:20190113154526p:image

これでifの部分は完成

⑥IFTTTのWEBhockのアクション設定

then の部分です。

f:id:ooura-konan0510:20190113154617p:image
f:id:ooura-konan0510:20190113154624p:image

Webhooks を選択

"Make a web request" をさらに選択

 

②、④で得られたデータをBodyに入力します。

 

URL

https://api.getirkit.com/1/messages

Method

POST

Content Type

application/x-www-form-urlencoded

Body

clientkey=[自分のclientkey]&deviceid=[自分のdeviceid]&message={“format”:~で始まる赤外線信号~]}

 

最後はアプレットの名前を入力します。

これで完成!

f:id:ooura-konan0510:20190113154709p:image

 

アレクサ、キーワード、トリガー

と入力するとエラーが少なく認識の精度が高い気がします。この方法でまずはやってみて下さい。

 

最後に確認で

アレクサに登録したワードで喋りかけると・・

理系旦那「アレクサ テレビ トリガー」

アレクサ「イフトに送信します」

動いた!

 

他にも登録したいリモコンボタンがある場合は

②音声操作したいリモコンボタンの赤外線情報を取得

で赤外線情報を取得し

⑥IFTTTのWEBhockのアクション設定

のBody部分の赤外線情報だけ変更すればOK

 

リモコンのキー全部を音声操作にすることも可能です。

 

しかしながら基本は電源ボタンの登録のみで十分です。

 

これで手が塞がっていても 家電を操作できます!やったね!

 

 

Echo Dot  第3世代 (Newモデル) - スマートスピーカー with Alexa、チャコール