理系旦那と文系妻のお家働き方改革

職場と同じく家庭にも働き方改革が必要です!

全て子育て世代に贈ります

【写真付きで説明!】アルコール除菌スプレーの自作

除菌 スプレー 自作

簡単に作れるウイルス、除菌スプレー

アルコールのウイルス、菌への効果

健栄製薬 | ウイルス|各種微生物に対する消毒薬の選び方 | 感染対策・手洗いの消毒用エタノールのトップメーカー

上記サイトで詳しく紹介がありました。

ウイルスといっても一括りではなく

アルコールへの耐性もそれぞれ。

A型肝炎、ロタなどのウイルスは

1分間のアルコールとの接触が必要。

一方でヘルペスやインフルエンザは

30秒以下で良いとのこと。

しかしながら、こういった

【何分間】を鵜呑みにしがち

なのですが、確率の問題なので

絶対ではありません。

例えば食事をする机の除菌

除ウイルスするのなら

少なくとも1分前には

消毒すると安心です。

除菌に有効なアルコール濃度

はじめに注意点ですが

濃度の取り扱いが

めちゃくちゃに書かれている記事

が多く、正しい分量でスプレーを

作れていないものも見受けられます。

濃度には

重量パーセント weight% と

体積パーセント volume%の

大きく二つあります。

ウイルス、菌に有効なのは

60≦89volume%の濃度です。

これを重量パーセントで作ると

全然違う数値になります。

除菌スプレーの作り方

難しいこと言われてもわかんないよ!

という奥様

ご安心ください。

丁寧に写真付で説明いたします。

必要なものをリストアップ

エタノール

エタノールP 500ml(掃除)

エタノールP 500ml(掃除)

  • 発売日: 2007/03/29
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

スプレーボトルは百円均一のお店

エタノールは薬局で、それぞれ

買えます。一応、危険物なので

お子さんの手の触れない

ところに普段は保管してください。

高温になる場所は避けて下さい。

f:id:ooura-konan0510:20200202230811j:image

秤に乗せて重さを測ります。

今回は

除菌に効果があり

値段もお手頃な

65volume%の

除菌スプレーを作ります。

60gエタノールを測ってください。

f:id:ooura-konan0510:20200202231013j:image

測れました。

先に容器の重さを引くのを

忘れないようにしましょう。

下二桁は気にしないで良いです。

f:id:ooura-konan0510:20200202231201j:image

次に水を入れます。

精製水が一番良いですが

煮沸した水道水でもOK。

室温に冷やしてから

使いましょう。

65volume%のアルコールスプレー

を作るためには

57.21weight%のアルコール濃度に

する必要があります。

先程60gのエタノールを測りました。

つまり

水の重さをxとすると

60/(x+60)=0.571

なので

x≒45g

45g水を入れましょう。

f:id:ooura-konan0510:20200202232552j:image

完成です。

これだけです。

自作のコスパは?

自作の場合

スプレーボトル 100円

エタノール 500ml 1300円

なので65vol%のスプレーが

770mlつくれます。

1.8円/mlです。

市販品の場合

300ml  4000円

13円/ml

自作と市販品で7.4倍の値段差です。

補足ですが

市販品は約80volume%の濃度です。

今回65volume%で作ったのは

60volume%以上であると

雑菌効果は変わらない

という研究結果があるからです。

仮に同じ濃度で作成しても

6.4倍の値段差があります。

参考文献

エタノール, イソプロパノール, メタノール変性アルコール製剤に関する殺菌効力の検討

CiNii 論文 -  アルコール系消毒剤の殺菌および除菌効果の検討

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjphcs2001/30/10/30_10_679/_article/-char/ja/

おわりに

  • 除菌には少なくとも1分かける
  • 作る時はアルコール60g エタノール45g
  • 手に付ける用は水を120gにする
  • 自作のコスパは少なくとも6.4倍

ここまで読んで頂き

ありがとうございます!

全ての子育て世代を

応援しています!

一緒に頑張りましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加